嬉しいグルメ☆自宅で楽しむ“本物の味”

記事を検索
Contnets

お酒が進む!全国酒の肴グルメ

お酒の好きなグルメは、そのお酒ごとに相性の良い酒の肴にもとてもこだわります。
「何でもいいんじゃない?」などと言う人は、グルメ失格。
そのお酒にはそれに合う肴があるのです。
昔からヨーロッパでも、「その土地の酒はその土地の肴に合う」とされ、酒と肴の相性は非常に大切にされてきました。
日本でも全国各地の名産を見ていると、その特徴は顕著です。
例えば、米どころとして全国的に有名な新潟は、米の名産地であるだけあり日本酒の名産地でもあります。
この新潟の日本酒に合うのは、日本海で採れたいくらや甘エビ。
生ガキなど。
お隣の富山県も同様に日本海の幸、ブリやホタルイカ、白エビ、越前蟹を使った肴が名物です。
また越中名物のますの寿しやかぶら寿し、昆布じめなども日本酒好きにはたまりません。
そして、南に行くと九州は何と言っても焼酎王国。
特に芋焼酎が有名ですが、この焼酎ののどごしにぴったりな肴が九州にはたくさんあります。
博多の辛子明太子や、長崎のからすみ、壱岐の島特産のむらさきウニ、佐賀関沖の関サバ、関アジ、大分名物の城下かれい…などは、ちょっと贅沢な焼酎の肴。
より庶民的なものには、魚本来の旨みと甘味のある鹿児島名物のさつま揚げ、熊本のからし蓮根、きびなごなどがあり、いずれも九州の焼酎とは相性抜群です。
肴にこだわるお酒好きは、地方の名酒とともに、そのお酒にあったその地方の名産品も共にお取り寄せをして、その味のコラボレーションを堪能しているそうです。
Copyright (C)2018嬉しいグルメ☆自宅で楽しむ“本物の味”.All rights reserved.